ことのくらとは

about kotonokura

人生の過程にある、お祝い事などの様々な物事(こと)に関するお手伝いをし、
お客様に身近に工芸品を感じていただくための蔵(くら)のような存在になれればと考え、「ことのくら」と名付けました。

技術

高岡銅器の古き良き伝統や、長い歴史が培ってきた技術を大切にしつつ、今の時代のニーズに沿った新しいものづくりに挑戦しています。

400年の歴史の中で培われた伝統ある技術で創り出す工芸品を、たくさんの人の手に取っていただきたいと思っています。

こだわり

ことのくらで作る商品は、デザインからコンセプトまで、すべて自社で考えて製作されています。

その人にとって本当に欲しいものかを常に意識し、和室ばかりでなく洋室にも合う商品など、幅広いニーズに合わせたものづくりを行っています。