商品一覧

裸婦

置物 吉田叡示作

[銅製] 古銅色

数量
¥924,000 税込
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
加賀二代目藩主・前田利長が1609年に高岡城を築城し現在の高岡市金屋町に7人の鋳造師を迎え入れてから、四百年あまりにわたって職人たちの技と心を連綿と受け継ぎ、1975年には日本で最初の国の「伝統的工芸品」の指定を受けた高岡銅器。
その高岡からお届けする、吉田叡示作の味わい深い焼朱銅色の裸婦像です。

吉田叡示は松下電器本社(現パナソニック)の「天馬往空の像」や 阪神競馬場の「セントウル像」、高野山 奥の院の「弘法大師御尊像」など数々の作品を残した 昭和を代表する彫刻家の一人であり、この「裸婦(焼朱銅色)」は当社にて昭和58年当時¥1,200,000 で販売されていた作品の、在庫2点限りの掘り出し物です。

桐箱入りでご贈答にも最適です。

大きさ:W270㎜×H540㎜×D140㎜

※ 在庫・納期は直接お電話にてご確認ください。