商品一覧

寿

置物 富永直樹作

[銅製] 本金箔仕上げ

関連カテゴリ
数量
¥275,000 税込
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
加賀二代目藩主・前田利長が1609年に高岡城を築城し現在の高岡市金屋町に7人の鋳造師を迎え入れてから、四百年あまりにわたって職人たちの技と心を連綿と受け継ぎ、1975年には日本で最初の国の「伝統的工芸品」の指定を受けた高岡銅器。

その高岡銅器の技術と思いを込めて、瓢箪に集まる鼠を大胆かつ繊細に表現し本金箔で仕上げた富永直樹作の逸品です。
ねずみは繁栄の象徴とされ干支飾りとしてもおすすめです。

木製台付き・桐箱入りでご贈答にも最適です。

大きさ:本体  W230㎜×H215㎜×D150㎜
    木製台 W280㎜×H 30㎜×D220㎜ 
    
※ 在庫・納期は直接お電話にてご確認ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

富永直樹(1913年5月18日 - 2006年4月11日)は文化勲章を受章した日本を代表する彫刻家の一人であり、現東京芸術大学を首席で卒業後日展を主な舞台として活躍し文部大臣賞を受賞した「平和の叫び」や「トーマス・ブレーク・グラバー之像」「青春の賛歌」など数多くの作品を残しています。