商品一覧

南瓜と鼠

置物 正斎作

[銅製] ロストワックス鋳造

関連カテゴリ
数量
¥275,000 税込
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
賀二代目藩主・前田利長が1609年に高岡城を築城し現在の高岡市金屋町に7人の鋳造師を迎え入れてから、四百年あまりにわたって職人たちの技と心を連綿と受け継ぎ、1975年には日本で最初の国の「伝統的工芸品」の指定を受けた高岡銅器。

その高岡銅器の技術と思いを込めて、南瓜と柘榴に集まっている鼠をまるで生きているかのように繊細かつ大胆に表現した正斎作の逸品です。
ロストワックス鋳造にて精巧に作られた「南瓜と鼠」はお子様から年配の方まで観るものすべての方に微笑みと感動を与えることでしょう。
ねずみは繁栄の象徴とされ干支飾りとしてもおすすめです。

木製台敷布付き・桐箱入りでご贈答にも最適です。

大きさ:本体  W200㎜×H175㎜×D160㎜
    木製台 W270㎜×H 20㎜×D223㎜ 
    
※ 在庫・納期は直接お電話にてご確認ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロストワックス鋳造とは、ワックスで作った原型をベースに鋳物を作る工法です。
一般的な鋳造工法よりも、複雑で寸法精度の高い形状を作れるため精密鋳造とも言われます。
型に金属を流し込んで作るので、表面は滑らかになり仕上がりが綺麗です。