商品一覧

おしどり

置物 加納夏雄作

[純銀製]

数量
¥110,000 税込
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
加賀二代目藩主・前田利長が1609年に高岡城を築城し現在の高岡市金屋町に7人の鋳造師を迎え入れてから、四百年あまりにわたって職人たちの技と心を連綿と受け継ぎ、1975年には日本で最初の国の「伝統的工芸品」の指定を受けた高岡銅器。

その高岡銅器の技術と思いを込めて作られた 加納夏雄作の純銀製のおしどりです。
ゆったりと佇む姿に気品を感じる逸品です。

蔵出し残り1点限りの掘り出し物です。
木製台付き・桐箱入りでご贈答にも最適です。

大きさ:本体  W 45㎜×H 23㎜×D 30㎜
    木製台 W 70㎜×H 70㎜×D 70㎜
重量 : 本体  99g
* 実測値のため測定誤差のある場合があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

加納夏雄(1828年5月27日 - 1898年2月3日)は幕末から明治期に活動した京都出身の金工師です。
明治天皇の御刀金具の彫刻や新貨幣の原型製作などに従事し、のちに宮内省御用掛,東京美術学校教授,帝室技芸員などを歴任しました。
主要作品に『千羽鶴花瓶』 (宮内庁三の丸尚蔵館) ,『月雁図鉄額』 (1898,東京国立博物館) などがあります。



※ 「蔵出し一点物」は倉庫やショールームで長年眠っていた物なので小傷や変色等がある物もございます。
それぞれの詳細や在庫、納期等につきましてはメールかお電話にてお気軽にご確認ください。